2007年10月28日

美濃物語(岐阜合宿)その3

美濃物語も3回目です。いよいよ、お話の終りに近付いて来ました。

長良川の鵜飼、荘厳な能樂が流れる中でゆったりと進む船は雅な世界へと誘ってくれます。

美濃物語3-01

宿泊先の石金旅館の船も出ています。

美濃物語3-02


そして取れたての鮎を肴に、夜の宴が始まりました。

先週紹介いたしました、玉風会の大切な重鎮Kさんが
痛めた腰の為に、腰高な座椅子を用意してもらいました。

楽しい宴は夜遅くまで続きました。

美濃物語3-03 美濃物語3-04 美濃物語3-05 美濃物語3-06 美濃物語3-07 美濃物語3-08 美濃物語3-09 美濃物語3-10 美濃物語3-11 美濃物語3-12 美濃物語3-13


そしてその後はシークレットです。翌朝のロビーの様子でお判りでしょう。

昨夜は皆さん真面目にお休みです・・・・?

美濃物語3-14

と言う訳でロビーでの会話は・・・「鵜呑みにしない」を英語にすると「ドンービ、ガルボー」だそうです。

美濃物語3-15


そして出発、今日は関市の刃物祭りの見学です。

美濃物語3-16

岐阜城を背に一路関に向かって出発でーーーーす。

美濃物語3-17


そして美濃物語はいよいよ終演を向かえる・・・先ずは刀鍛冶

美濃物語3-18 美濃物語3-19 美濃物語3-20

そして、刃物まつりで美濃物語の終りです。
東京まで帰りの時間は渋滞でーす。

それでは、ここでさようなら・・・です。
posted by 坂口 玉風 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6253242

この記事へのトラックバック