2008年01月31日

中野場所の利点を生かす

中野場所のT場所長が、お仕事の都合で一月中一杯海外へ出張となり、記者の私がその間お預かりする事に成りました。
そこで記者なりの感想と面白いお話をお聞かせしましょう。

一ヶ月と言うことになると、さてさてどんな稽古をしましょうか?
あれこれ考えましたが、ちょっと見方を変えて、先ずはこの剣道場の構造に着目しました。
この三枚の写真からピンと来た方は、居合経験のある理工系の御仁か?

稽古の中で「あなたの居合は雑だ、もっと丁寧にやりなさい。」と言われている御仁か?・・・・ここまでヒントを差し上げればお分かりでしょう。

もう少しおまけのヒントです。本日稽古に来れたのは、私を除いて6名と言う人数がミソです。

中野場所01 中野場所02 中野場所03


そうなんです!ここ中野場所の稽古場は、日光東照宮とおなじような鳴き龍の間が六つもあるんです。
古い建物なのでしょうか?
天井の張りが異常に深く張り出して、共鳴箱が六人分揃っている訳です。

中心に立って手をたたくと共鳴します。
その中で発生する音源は共鳴するだけでなく増幅し、その中にいる人に刃音、鞘の抜き、差しのがたつく音、踏み足の音までしっかりと確認できます。

そこで記者はそれぞれのエリアに一人ずつ配置して、刃音確認と抜刀及び納刀時のガタツキ音、足のばたつき、などに注意して基本1、基本2をしてもらいました。
その効果のほどは・・・・・・?

効果1 集中できる。(周りの音が小さく気にならない)

効果2 刃音が大きく耳元に確認できる。刃音の高い音、低い音、かすかな音の違いがはっきり分り、こんなに振り方が不安定だと言う事に気が付いた。

効果3 抜刀及び納刀時のガタツキ音を、こんなに出していることに気が付いた。

中野場所04

おかげさまでこの稽古を見学に来られた大学2年生の方がご入会され、来週は体験入会の希望者が2名来られます。

交通の利便性も良く、ゆっくりと稽古が出来る落ち着いた稽古場です。
是非、見学においで下さい。

居合の玉風会オフィシャルサイトhttp://www.shizan.jp
posted by 坂口 玉風 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月27日

池袋で体験入会者が急増!

池袋稽古場所に「無料体験希望者」と「見学希望者」が数名参加されました。
着物に袴を用意して来た青年、女子大生、ニュージーランドの女性、他と様々な方が来られました。

こんなに多くの方が日本の文化伝統に関心があると言う事で、記者は大変嬉しい気持ちになりました。
従来から試斬り体験入会者は、「一度真剣で斬って見たい」と言う気持ちが働くのでしょうか? 大変人気があります。
しかし最近は、試斬り体験だけでなく、居合体験希望者も増えてきました。

と言う訳で、本日は広い道場を三等分して
「初心者、体験入会者グループ」
「無級、三級、二級グループ」
「一級、初段、弐段、参段グループ」
の3グループに分かれて、それぞれのレベルに応じたきめ細かい指導が行なわれました。とてもいい稽古でした。

見学者の方も体験者の方もご納得いただき、全員ご入会いただけることに成りました。


まずは全員で基本1、基本2の稽古です。
池袋場所01 池袋場所02 池袋場所03


「初心者、体験入会者グループ」
池袋場所04 池袋場所05


「無級、三級、二級グループ」
池袋場所06 池袋場所07 池袋場所08 池袋場所09


「一級、初段、弐段、参段グループ」
池袋場所10 池袋場所11

玉風会の最高齢83歳で毎週稽古に来られ今年中に弐段を目指しておられるT・I さん、座技の水月、足腰がしっかりしています。
言うまでも有りませんが杖など無用、歩かれる足取りが軽いのには本当に驚かされます。
見学者の方々が驚かれたのは言うまでも有りません。

玉風会はこれから定年を迎える方、定年を迎えた方、ご高齢の方、家事や育児を終えてホッとした主婦の方々を中心に、3月から池袋・新宿地区で、ミドル〜シルバーエイジを中心に昼の稽古を展開していきます。
近々玉風会ニュースで報道いたします。

それでは最後に刀礼で本日の稽古は終了です。
池袋場所12

玉風会は、日本の伝統文化のひとつである、無外流剣術等の諸武道を普及するために、日々活動しております。





posted by 坂口 玉風 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2008年01月17日

新年稽古会

1月13日、NPO法人無外流(無外流明思派一門)の新年稽古会が、中央区総合スポーツセンター行なわれました。

宗家 新名玉堂先生の新年の挨拶
新年稽古会01


新年の免許状授与
新年稽古会02


無級 級位、段位、別に分かれて新年稽古が始まりました。
新年稽古会03 新年稽古会04 新年稽古会05 新年稽古会06 新年稽古会07 新年稽古会08 新年稽古会09 新年稽古会10


最後に全員集合です。
新年稽古会11 新年稽古会12
posted by 坂口 玉風 at 23:04| Comment(49) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月10日

年末・年始のトピックス

●年末ぎりぎり忘年会

玉風会本部のある高田馬場で、昨年の暮れ29日に忘年会を行いました。
NPO法人無外流傘下の団体の方々もご出席下さって、年忘れにふさわしく大盛り上がりでした。
高田馬場駅前の「一酔万笑(いっすいばんしょう)」さん、粋な貸切サービスありがとうございました。

NPO法人無外流・伝承部長 黒田蓮如斎先生にご挨拶を頂きました。
「来年は玉風会の稽古に出向き、技量の向上に力を入れる。」と言う力強い挨拶に参加者は感動です。

PC290048.jpg


知進会と関東居合道連盟それぞれの会長が、会員に気軽に声をかけて下さり、居合談義に花が咲きました。ありがとうございました。

PC290032.jpg PC290016.jpg PC290053.jpg


最後の締めは関東居合道連盟のK会長です。

PC290064.jpg



●恒例の越年稽古で新年を迎えおせちにおとそ

稽古の様子は玉風会ニュースの記者本人が参加しているためお伝えできません。と言う訳で、新年明けましておめでとうございます。

P1010066.jpg

今年の越年稽古には父と娘、父と息子、の二組の親子参加が有りました。
Nさん、Kさん、親の背中を見て子は育つと言いますがまさにその通りです。
会話も弾み、武道を通じた親子の関係は素晴らしいの一言です。



●5日中野場所で初稽古

年明け早々に凛とした緊張感の中、形の通し稽古(二十形)と組太刀(北斗、太白)の稽古をしました。

P1010066.jpg

一人一人に細かく確認して斬れる刃筋の通った振りの稽古をしました。

お疲れさまでした。
posted by 坂口 玉風 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月01日

本年もよろしくお願い申し上げます

謹んで新年のお慶びを申し上げます

昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。
玉風会会員一同は本年も斬れる居合を目指し、研鑚に励みます。
当会の稽古は会員以外の方も自由に見学できますし、一回だけ
の体験稽古も随時、受け付けております。
当ホームページをお楽しみの皆様で、無外流居合に興味をもた
れた方は是非一度、当会道場にお出でください。

玉風会会長 坂口 玉風 行成


「居合の玉風会オフィシャルページ」はこちらへ 
 
 
posted by 坂口 玉風 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月27日

忘年会にお邪魔しました

玉風会の忘年会は大晦日前の29日に予定しています。
そのお知らせは年を越しそうです。

と言う訳で、24日に行なわれた「伝統の吹毛会の忘年会」にお邪魔した時のひとこまを紹介させて頂きます。
南京玉すだれや、金柑種出し競技などが飛び出して大賑わいでした。

仕入れの準備や絶妙な進行で場を盛り上げて頂いた準備委員方々へ。
ありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。

吹毛会の忘年会01 吹毛会の忘年会02


素晴らしい かくし芸 に全員くぎ付けです。
吹毛会の忘年会03 吹毛会の忘年会04


金柑種出し競技の優勝者は、金柑の甘露煮の中から種11粒も出しました。
優勝者には、運も良いし腕も良いと言う事で、和紙を貼り付けて作る手作りの人形がプレゼントされました。
これには感動です。
吹毛会の忘年会05


子供達には、サンタさんからクリスマスプレゼントです。
吹毛会の忘年会06 吹毛会の忘年会07


もういくつ寝るとお正月です。
今年は大変にお世話に成りました。良いお年をお迎えください。

来年も宜しくお願い申し上げます。
posted by 坂口 玉風 at 20:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月21日

ケリーさんシカゴに帰る

アメリカから居合の修行に来た、玉風会の「はにかみ王子」こと、西新宿場所のマイケル・ケリーさんが日本での勉強と技術研修期間を終えて、母国で就職活動のため一時帰国します。

一時帰国とは言え、日本に戻る目処は立っていません。

再会を願い16日に稽古仲間とささやかなパーティーをしました。
誠に残念です。

西部劇の国からサムライの国へ。
馬を駆って荒野を駆け巡るガンマンが銃を刀にかえて1年と4ヶ月良く頑張りました。

湯島で行なった最後の座禅会では、和尚様も驚くほど素晴らしい姿勢でした。

帰国直前には、玉風会名物の試斬会に初参加。
立派に左右の袈裟斬りを斬りました。

私が大切にしていた太刀拵えをあなたに進呈します。
もしも日本に戻れたらみんなでまた居合をしましょう。

さようなら・・・・・と言う訳で20日に帰国いたしました。


マイケル・ケリーさんの初試斬
ケリーさんの初試斬01 ケリーさんの初試斬02 ケリーさんの初試斬03 ケリーさんの初試斬04


静かに黙々と稽古するケリーさんへ

私達無外流を学ぶ玉風会の会員一同はいつまでもあなたのことは忘れません。再会を楽しみにしています。


マイケル・ケリーさんの居合の仲間達
ケリーさんの居合仲間01 ケリーさんの居合仲間02

そして、新撰組の番傘に寄せ書きをして、心ばかりのプレゼントです。

座禅の仲間です。
座禅の仲間01

左から本人、そして、
 Yukihiro Kawashima
 Takeshi Kondoh
 Masaru Itoh
 Hiroyuki Ebihara


親愛なるケリー
あと10日で日本もアメリカも新しい年を迎えます。
大晦日にはあなたが参禅したお寺に仲間が集まり、除夜の鐘をアメリカへ向かって突きますので聞いてください。

座禅の仲間02 座禅の仲間03 座禅の仲間04

それでは良いお年をお迎えください。
posted by 坂口 玉風 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月13日

本部の座学

玉風会では第2・第4木曜日の午後6:00〜11:00まで、木戸ご免で出入自由の座学を実施しています。
と言っても「なんだか分かりません」と言う声が聞こえてきます...。

今は刀の座学をしています。
6時半頃から8時半ごろまで車座になって、既に日本刀の武器としての発達の歴史から五ヶ傳鑑定法、鑑賞の作法、姿、反り、踏張、身幅、研磨による姿の変化、切先の変形と筍反の発生、刃筋の曲がり、刀の健全さ、中心、・・・地肌と地鉄の見方、と回を重ねて半年、今年は12月13日(木)が最終日です。

年明けの座学初めは1月10日(木)です。

「実際に美術刀剣を手に取り、納得してお互いに疑問を話し合える座学は楽しいです。」と言う会員の声は、半年間地道に開催してきた成果と思います。

さて、一勉強してからの懇親会は刀や居合談義に花が咲き、大盛り上がりです。帰る時間は勝手です。一度ぶらりと訊ねてきて下さい。

一般の飛び入り参加も可能です。ただしキーワードは「ぶらり途中下車の旅・東西線高田馬場編を見た。」と言って下さい。
大歓迎は間違い有りません。みんなと居合がやって見たくなりますよ。そんな良き人の集まりです。

座学後の懇親会01 座学後の懇親会02 座学後の懇親会03 座学後の懇親会04 座学後の懇親会05 座学後の懇親会06
 
posted by 坂口 玉風 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月10日

ご宗家の直接稽古

NPO無外流・玉風会では、毎月2回、選ばれた会員を対象に、無外流明思派宗家 新名玉堂先生による直々の稽古が行なわれています。

ご宗家の一言一句を真剣に聞きいる姿と、緊張感の中で行う稽古の様子を紹介します。

映画 動画 稽古風景
クリックで動画スタート !!
※写真クリックで動画をご覧いただけます。


以下、写真でご紹介。

ご宗家直接稽古01 ご宗家直接稽古02 ご宗家直接稽古03


剣法は実戦稽古です。

ご宗家直接稽古04 ご宗家直接稽古05 ご宗家直接稽古06 ご宗家直接稽古07
posted by 坂口 玉風 at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月29日

サラMストロング教授の訪問

今週の26日(月)、玉風会西新宿(月)場所に、アメリカ合衆国メイン州ルイストン市にあるベイツ大学アジア研究学部日本語・日本文学学科教授の、サラ.M.ストロング博士が居合を見学に来られました。

ストロング博士の教え子である、玉風会指導部長のジョン・プレスリーの指導ぶりを是非見たいと言う事で実現しました。
プレスリー指導部長の後輩で、剣道と空手を修行中の学生さんも見学に来られました。

ストロング博士は、長年にわたり日本語・日本文学の研究をして来られました。専門は宮沢賢治の研究で、宮沢文学の欧米における第一人者として知られております。
また、日本と日本文学・日本文化の良き理解者としてもご活躍しておられる方です。

日本文化の継承である無外流居合道・剣法を学ぶものと、異国で日本の文化を研究しておられるストロング博士と武道を学ぶ学生たちを、NPO法人無外流・玉風会は尊敬の念と心をこめてお迎えし、心ばかりの歓迎をさせて頂きました。

居合をはじめる前に先ずは記念撮影です。笑顔がいいですね
ストロング博士と01

武道場の板の間できちんと正座をなさるストロング博士は、日本の事を知り尽くしているようにも見えました。
ストロング博士と02


プレスリー指導部長の大学時代を語るストロング博士と、その話しを聞き入る本人の目頭が熱くなった様に見えたのは、私の気のせいでしょうか?

「本当素晴らしい、良い子でした。」と話されるストロング博士の目は、我が子をいとおしく見つめる母の様でした。
「プレスリー指導部長は玉風会の宝です。」と私はストロング博士にお礼がいいたいです。


最後にプレスリー指導部長の指導ぶりをご紹介いたします。

※これから動画を2本ご紹介します。写真をクリックすると動画をご覧いただけます。尚、音量にはご注意ください。

映画 動画1
プレスリー指導部長01

映画 動画2
プレスリー指導部長02
posted by 坂口 玉風 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記